布都正崇鍛刀場 ・ rukki

アドレス:〒632-0092  奈良県天理市小田中町16

Email:chai-chai-chai@kcn.jp

 

  • Facebook Clean

刀と刀鍛治

「日本刀」をご覧になったことや、手にされたことはありますか?

そして、どんな印象をお持ちでしょうか

 

時代劇で観るチャンバラのイメージ・・・

竹なんかをすぱっと切る居合い・・・

美術館や博物館に展示された貴重な御刀・・・

 

外国の方々には日本の象徴ともいうべき「日本刀」ですが、身近な存在であるという方は少ないかと思います

 

現代では刀は美術品であり、「鑑賞するもの」として存在しています

けれども、武士の時代には「刀を持つ」ということは「責任を持つ」ということでした

大人になって元服し、武器である刀を常に帯刀しているという責任

それだけに、「刀を抜く」ということは簡単にあってはいけないことであったといいます

「刀を持つ」「刀を与えられる」

それは日本人にとっては、とても特別なこと

「鑑賞するもの」となった今でも「日本刀」の底には、そういうものが存在しています

 

そして、使うものとしての一面

もちろん、武器として使うということは、もうありません

しかし、刀は現代でも、きちんと強度を備えつつ、美しくつくられます

まさに「用の美」というにふさわしい存在です

 

また、鑑賞するものとしても、とても奥深いものです

一振の刀のなかに、見える景色

素晴らしい刀は、ずっと観ていても飽きることがありません

たいへん魅力的な存在です

 

この時代に、必然のような、偶然のような出会いで、私は「刀鍛冶」という職業につきました

 

火とたわむれ、鋼(はがね)と向き合い、一振の刀を打ちます

それは、私にとって大切な時間です

 

そして、「刀」を真ん中に出会いがあることが、とても嬉しいことです

 

布都正崇